スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04ルビアス2506

04ルビアス2506は本当に思い出が詰まってるリールだ

こいつの一代目は高校入学祝で買ってもらった
20790円、今でも箱に値札が貼ってあるw
2代目はなぜか浪人が決まった去年の4月に購入
今回は中古で9800円だったかな

さて、このリールの良い所は「基本」がすべて詰まっていること
まずは軽さ、2506で215g
止めたところでピタっと止まるハンドル
ダイワらしい大きなスプール
どれもスピニングの釣りにおいて欠かせないものだ
そしてコストパフォーマンス
出た当初もかなりのコスパで騒がれていたが
5年経った今では1万円前半で買えてしまう

基本が詰まっているので
新しいリールを本当に買おうとは思わない(アルテアドバンス買っちゃったけどw)
新型ルビアスも発売され、さらに軽くなったが
ハンドルが止まらないのが気に入らないw
五年も前のリールだが、不具合が何もないのだ

本当にお勧めのリールです
中古で見っけたらマストバイですよw
スポンサーサイト

鹿島槍釣行

超有名トラウトエリア、鹿島槍ガーデン
私もついにその地へ行って参りました


まずはSHUEI先輩に練馬高野台駅で拾ってもらいました
横浜から本当にありがとうございました

順調に関越を下って行ってICを降ります
そこから県道50を通って行くんですけど、問題発生
県道50の中込付近でまさかの通行止めww
ぐるっと大回りしてなんとか鹿島槍ガーデンに到着しました


朝七時から実釣スタート
ブログ等の事前情報によると3gぐらいのスプーンが基本らしい
が、私は3gのスプーンなんて4つしか持ってませんw
朝霞仕様のマイクロで戦います

まずは朝一にSHUEI先輩がミノーでヒット
多分、40cmぐらいだと思います
驚くべきことにここのアベレージは40cmぐらい

私も開始一時間ぐらいにやっとヒット
DVC00117.jpg
いきなりの50UP
ノア0,9g・蛍光イエローで

で、先輩と話し合った結果「渋い」の結論
3gのスプーンなんて追わない状況・・・

私は渋いのなんて慣れっこなんでマイクロで順調に数を伸ばす
初日釣れたのはこんな感じ
DVC00118.jpg
DVC00119.jpg
DVC00120.jpg
DVC00121.jpg
DVC00122.jpg
DVC00123.jpg
DVC00124.jpg
DVC00125.jpg
写真を撮ったのはこれだけですがもうチョイ釣れました

何度も言いますが、これアベレージサイズです
太ってたりするんでなおさらサイズがよく見えます

ストップフィッシングと相成ったところで宿へ
今回お世話になったのは岩魚郷さん
お部屋はこんな感じ
DVC00129.jpg
馬鹿広いw
恐らく五人部屋を贅沢に二人で使いましたw

夕食も非常に美味
DVC00130.jpg
岩魚の刺身は絶品
鯛に近いものがありました
塩焼きも非常においしかった
信州牛も出て本当に最高でした

あとは温泉にも入りました
就寝時間はまさかの20時前w
翌朝6時ぐらいまでぐっすり


二日目
実釣は8時ぐらいにスタート
昨日よりさらに渋い感じ
釣ったのは3匹DVC00132.jpg
DVC00133.jpg
DVC00134.jpg
いずれもノアシリーズでヒット

16時過ぎから俄然魚の活性が上がり始める
そこでSHUEI先輩がミノーで連続ヒット
ばかデカイのを掛けたんですが、
首振りで歯にあたって一発ブレイク

そんなこんなでストップザフィッシング

非常に有意義な二日間でした


PS
この時期の長野は寒い
普通に雪が降るw
夏行ったらサイコーだろうなぁ

遠征

長野遠征

野尻湖ではない
鹿島槍だ

目指せメーターover!

AGと燻製

大島合宿の次の日AGへ行きました
やはり頑張るものは報われるものですw

まずは5時起床!
のはずが起きられずIからの電話で起きる
あわや0回戦敗退のところでしたww


車で順調に走って6:20分頃AGに到着
平日+朝一効果で魚の活性高し!!
釣り人も俺らだけで俄然やる気アップ

しっぶー!!w

多分、前日(祝日)のプレッシャーと急激な冷え込みのせい
その日はキスバイト多発
のせるのなんてまず無理なアタリばかりでした

それでも追ってくる魚はいてぼちぼち釣りました
祝日の放流のためかいつもよりサイズは大きめ

二人の釣果はこんな感じ
DVC00100.jpg

ちなみに私は数自体はそれほど釣ってませんが
DVC00101.jpg
このデカイの2本獲りました

47cmと43cm

鹿島槍のいい練習になった

ちなみに言い訳ですが
数が釣れなかった理由は結構早い段階で
2本獲ってしまって満足したからw

デカイのはこんな感じで料理
DVC00102.jpg
マリネも作ったんだけど画像の取り忘れ
美味しかったですよー

あとは燻製に
まずは内臓を抜いて塩振って一晩寝かせる
ポイントは結構多めに塩を振ること
なんちゃってなんで乾燥の手順は踏みません

寝かせたやつに
DVC00103.jpg
しょうゆ・こしょうのたれを塗る

お手製燻製BOXに入れるとこんな感じ
DVC00104.jpg

ちなみに使ってるスモークウッドはこれ
DVC00105.jpg
着火
DVC00106.jpg
全体図
DVC00107.jpg
完成品
DVC00108.jpg

今回は鱒と市販の塩鮭・タコもやってみました
塩鮭はごはんにも抜群に合いそうな感じ

なんちゃってなので完璧には燻し切れません
鱒とかは半生状態です
そのままで美味しいのですが
もし自分で燻製しようとお考えで
生は怖いならレンジでチンもありです
ちなみに塩鮭はチンしました


それではノシ

殉職インプレ

殉職インプレッション@冴掛ミッジディレクション(HLZ682LFS-ti)

大島合宿でやっちったー
ティップがぽきりと逝ってしまいました
原因は多分ティップに絡まったままのキャスト
夜+雨でよくわからなかったですよ・・・


さて、ここからはインプレッション
まず特徴としては
1)感度がいい
2)軽い
3)バス用にしては異様に柔らかい

超ライトリグを扱う2ピースロッドとしては間違いなく最高性能
ワンピを入れるとまた話は変るんでしょうけど
私は2ピース派なんです

全国大会でも使ったんですけど
Mデレの性能がいかんなく発揮されました
ごく小シンカーをつけたダウンショットで
根回りを攻めたんですけど
柔らかいから軽いリグを飛ばせ、高感度で根をかわし
繊細なティップでうまく乗せるってな具合でした
5cmぐらいのミノーなんかも結構いい感じです

で、次はどんな用途に使えるかというお話
まずはバスは言わずもがな
トラウトはスプーンは弾きまくります
ミノーなんかはかなりいいかと思います
メバルはどうなんだろう?
ただメバル竿に比べると食い込みが足りないのは確実
ネンブツ釣っててかなり差が出ましたw

お次はデメリット
1)ガイドトラブル多し
2)パワーがない

ガイドトラブル多いです
理由は単純にガイドがいっぱいあることと
扱うものが軽くて糸フケが出やすいから
しょっちゅう第二ガイドに絡まります

あとはパワーなし
30cmにもなればいいように走られます
某インプレサイトなんかでは
割とパワーある的な書き込みもありますが
信じない方がいいです
トラウトやってる方は分かると思うんですが
ドラグをしっかり使ってやれば魚は獲れるものです


こんないい竿をこのままお蔵入りさせる気はありません
ティップはもちろん修理に出します
ただ今の悩みはそのまま修復するか
第二ガイドをトップにするか
そのままの形にすれば、柔らかさが変わらないため
キャスト・食い込みは変わらないはず
第二をトップにすれば恐らくトラブルは大幅に減る
あと若干6,8fは扱いに困ることもあるんだよなぁ
でも短くすれば硬くなり弊害は出てくる

悩むわー

大島合宿

部の人が詳細を書くだろうからこっちは簡易更新

初日は青物(カンパチ)が数匹
あとメジナもちょこちょこ
KOTA先輩がイカを数杯あげる
私は昼間の部門はノッシュw
夜の部で大雨の中、ムツをゲット
メバル用ワームでちゃらく釣れるみたい

二日目
青物は全滅w
メジナが結構上がってました
またもやKOTA先輩が
初日よりいいサイズのイカを数杯あげる
私は青物もイカも空振りorz
夜の部はとんでもない強風
寒いなんてものじゃなかったですよー

三日目
朝は風が強すぎで出来ず
昼間からちょこちょこ釣りするもダメ
お土産を7000円分も買うww


まとめ
夜の部は残念だったけど
基本的には満足いった合宿でした
次回からは大島メバル先発隊として頑張りますー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。