スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀山湖プリプラ

6月26日、曇り時々雨
大雨の予報だったんで、一時は中止になったんですが、
予報が雨→曇りになったので、後輩二人を拉致って行ってきました


30センチ弱が1本、小バスが4本となりました
キーパーサイズのバスももう2本掛けたのですが、
全部足元でバラしてしまった・・・
大会に向けてこれは要注意ですな

釣れたルアーはスモラバ・ダウンショットの2種類
スモラバの方が若干サイズがよかったと思う
パターンとかじゃなくている奴に無理やり口使わせてる感じです
バスがオイカワを意識しすぎてて、ルアーに口使わない
オイカワ居る所にフェーディングで上がってきたバスは割と何でも食ってた
スピナベ・クランク・ブレードジグ、この三つは目撃したしね
あとはボイル狙い これは高速巻き出来るならなんでもいいいと思うw
釣りウマの先輩に聞いたら、メタルジグなんかでディープもいいじゃないかって言ってた
ちなみにオイカワ関係のバスはサイズがよかったっぽい
ボイルで40近いのぼこぼこ釣ってた人いたし

恐らくこの状況は来週まで続くだろうから作戦として

1)ボイル・フェーディング・回遊待ち
2)手堅くライトリグ

この2つのパターンが私に出来そう

ただ1)は怖い
外したらボウズだし、この釣りはバラシが多い
ボイルが頻発してたのは午後3時ぐらいからだったんで、
大会の時間からとはずれてるってのも怖い理由の一つ

2)はサイズが兎に角伸びないくせーw
オイカワを追っかけられないようなちっこいバスが釣れるんだよね
釣れることは分かってるし、得意だから多分こっちを選択かな
でも3本そろえても、キロは超えないはず・・・多分800gとか
ボイルの一発キロアップに勝てないのはしんどいよなー


前日プラにも入る予定
ライトリグは釣れるの分かってるから
トップ・虫・ピクピクあたりを試そうと思います
さーてどうなるかなーw

大会用タックル(自分用メモ)
テクナAVGP60UL ルビアス2004+フロロ3lb
ダウンショット用

Mデレミッジ ルビアス2506+フロロ3lb
ノーシンカー、虫用

ディーズ64L イグジスト2506+フロロ4lb
スモラバ用

ファンタジスタ63MLR ルビアス2506+PE0,6号リーダー7LB
シャッド・小型プラグ用

スペクター66 モラム1601+フロロ14lb
トップ・スピナベ用
スポンサーサイト

ベイトフィネス

今年から各社一斉にベイトフィネス対応タックルをリリースしました
ベイトフィネス提唱の2大バスプロの言うことが一致しないことも含め、
分野的にまだ煮詰まっていない感がばりばりです

ベイトフィネスの利点としては・・・
1)太いラインを使える
2)キャスト精度
3)手返し
この3点が大きいと思います

私はこの3点を踏まえてライトカバーの奥に、
3,5gスモラバ+3インチドラクロを入れるのを基本にしてます
あと立木回りなんかも根掛かりが少なくいい感じです
元々はカバーの奥にノーシンカーだったんですが、
ノーシンカーだとカバー突き破れないのとラインスラックの処理が面倒、
というのでやめてしまいした。

ベイトフィネスの欠点は・・・
1)ラインが太い
2)キャストに気を使う
3)ドラグがよくない

ラインが太ければ細いときと比べてやはり動きは繊細さを失います
2)とも関連し、ベイトフィネス対応とはいえ総重量5g以下は中々厳しいものがあります
(KTFチューンとかだとまた話は変わるのかも・・・)
スピニングで使うようなライトリグをベイトフィネスの定番7lbや8lbで使うとなると
ルアーに対してラインの存在感が強く出すぎるのではないか?と私は思います
そうなるとやはりスピニングでのライトリグより多少重く大きくならざるを得ません
では、ラインもルアーも細く小さくしちゃえばいいじゃない、とはベイトの性質上出来ません
2)3)と関連し、小さなバックラでも細いラインだとすぐブレイクに繋がるし、
ドラグがよくないから細いラインは怖いですよ
クラッチ切ってドラグってやってもいいけど、スピニングと違って巻けないから
いつまでも走られ続けるだけになるかと思います


結局言いたいことをまとめるとベイトフィネスは
1)カバー周りを
2)ライトリグよりちょっと強いもので
3)太いラインで強引に攻める
ってのがいいんじゃないかなってのがここ2カ月の感想

上にも書いたけど、それが3,5gスモラバ+3インチドラクロって訳です
40アップでもゴリ巻き対応出来るようにラインは10lb使ってます
ベイトフィネスのやり方は人それぞれ
自分に合うスタイルを探してください


追記)タックル揃えてみたところスピニングと遜色ないレベルまで行きます
   恐らくKTFにすればもっと快適になるかと思います
   (私はPX68に純正フィネススプールいれた)
   ただラインはドラグの問題で最低5lb以上、出来れば6lbは欲しいです

それではノシ

相模湖

6月5日
相模湖でバス釣り
結果から言うと1本のみ
しかもボイルで出たのみなんでパターンも糞もない
終盤ベントミノーを投げてたらチェイス多数
でも午前中のバジンクランクには飯能なかったんだよなー

それではノシ

1,24kg、42,5cm
あそこ 229

亀山湖→野池→亀山湖

5月27日28日
後輩・今出の実家にお邪魔して
二日連続で亀山!の予定が色々あって
初日亀山からの二日目千葉野池巡りに

亀山は台風の影響で爆発するか、と思いきや
水温が20度→17度まで落ちた影響かノー感じ
とりあえず松下ボート対岸で初心者の子に色々レクチャー
してたら釣りおったw
あそこ 013
33cmだったような気がした
俺はここで20cm級をバラして終わり―

色々回って3時半過ぎにようやく俺にヒット
あそこ 014
ちっせーw5インチ半のカットテールネコリグ
押切沢入口の橋脚裏

終了直前に松下ボート対岸で30cmぐらいのをバラシ
3バラシとちょっと不甲斐ない感じ

二日目
色々あって野池巡り
なんか画像が見つからないww
まーちっさいのを5本程釣って終わり
回りはそこそこサイズ出してた

6月1日 亀山湖
水温は朝一15度で昼ぐらいから17~19度あった
水温はやっぱり雨の影響で下がってたけど、下がってるなりに安定してたみたいで
魚は好反応でした

朝一松下ボート対岸
あそこ 015
口閉じ31cm、3,5gスモラバ
あそこ 016
このサイズでドヤ顔
となりで寺岡さんが40アップ釣ってて萎えw

朝は水温が低いからか反応薄
お昼頃になってまたしても松下ボート対岸
あそこ 017
42cmだったかな スモラバ ってか俺じゃないっていうねw

シャローフラットにて
あそこ 018
あそこ 019
あそこ 020
真ん中はスレw すべてシャッド・ジレンマスーパースティープ
バラシだけど同船者の松原君がクランクで2本掛けてたよ

小ワンドにて
あそこ 021
あそこ 023
あそこ 022
上は32cm、下は35cm
がりがりでアフターって感じっすな
ちなみに同じ場所で2連ちゃんで出た
松原君も同ポイントで1本だしております
二人とも3,5gスモラバ

俺は35頭に5本
同船者の松原君は42頭で30後半含めて6本ぐらい釣ってた
釣り負けーorz

寺岡さんは40アップ3本だそうです すごい!
岡山・兵藤船はボーズ なんか寝てたらしいw

総括
魚探でかなり地形を見て回って、自分なりにポイント絞れた
ってか松原君がすげー地形知ってて教えてもらった形なんだけどねw


それではノシ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。