スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRESSO61UL-SVF&PRESSO1003 インプレッション

この半年で相当使い込んだんで再インプレッションをば


PRESSO61UL-SVF

<感度>
みんなが気になってるだろう感度はビンビンです
これはブランクス自体の性能もと軽さの恩恵の二重効果だと思います
感度を最大限生かしたいんでラインはPE推奨
感度がいい=弾きやすい
↑みたいに考えてる方もいらっしゃるでしょうけど、平気ですよ
ただ61UL+PEでゴルゴ巻き(ラインとロッド水平)にすると弾きますね
キモはティップに仕事させること
ほんの少しティップに角度付けると弾きませんよー

<軽さ>
67g、上記のように感度向上の要因です
軽くて疲れないし、いい感じです
めちゃ軽ですが、強度は十分
通常使用に限っては折れることはないでしょう

<パワー>
これはやっぱりクラス相応かな
40~以上釣れるとしんどい
この竿で50up多数、60up2本釣ってますが
自然とよってくるようなパワーはないですね

<適正ルアー>
私は3,5gまで振ってます
3,5g~はロッドが負けてキャストしにくいです
一番ぶっ飛ぶのはペンタ3、2g
形状がいいのか重量がマッチしてるのかすげー飛びます


<使用感>
私は殆どスプーンにしか使ってないですけど
何にでも使える竿という印象です
ただ感度がいいというだけで没個性的なんで、
物足りないと感じる人は物足りないかもしれないですね

PRESSO1003

今回も割愛・・・w
巻き心地・ドラグよし、重量軽いの3点揃ってます
あ、プレッソ1003の35mmショートハンドルはいい感じです
小さく巻けるのと、ロッドに近づくんで感度上がります
最後にIOSでライトチューンしたんでそこを踏まえていくつかお話します

私がしたライトチューンは
?ラインローラーチューン
?ドラグチューン
?ハンドルノブ付け換え
になります

?ラインローラーチューン
これやったらホントにくるくるラインローラーが回るようになりましたw
ただこれは正直実釣にどれほど関係してるか分かりません爆
不感症なのかしら、私・・・
ただラインと一番接触してる部分なんで気を使ってみました

?ドラグチューン
相当変わります!
ベアリングが入ったことによりすべりが良くなるのが一点
あとはシロクマ(ドラググリス)でフッキング率上がります
トラウトだとドラグずるずるでフッキングパワーが逃げしまいます
それでドラグを閉めてブレイクしてしまったり・・・
このシロクマはフッキングの一瞬だけドラグが出ないんです!
そのまま加重が続くと滑らかに出るんでブレイクの心配はないですよ
最初はドラグの作動が変わって焦りましたがすげーいいです
特に大物だと口が堅いんで、実感出来ますね
注意事項を一つ
プレッソ1003をIOSでベアリング入れる場合はスプール削ります
通常オーバーホールには出せなくなるんで気を付けてください
ちなみにルビアス2004は加工なしでベアリング入りました

?ハンドルノブ付け替え
ぶっちゃけ自己満足だと思うわw
カッコいいからおk
アクアリスタのブルー付けてます
お値段は7300円でしたー


<全体的な使用感>
ライトチューンで使用感はよくなりしました
ただ全部で一万五千円掛ってるんでお値段は結構しますよw
あ、ギアグリスもめちゃくちゃいいです
しっとりした巻き心地なのにハンドル軽やか
微妙な変化についていけるようになりました
IOSのイベントで無料オイル・グリス散布やってくれるんで
機会があったら是非行ってみてくださいな


それではノシ

追記
ありゃなんか宣伝ぽくなっちゃったw
それぐらい感動したということでノノ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。