スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殉職インプレ

殉職インプレッション@冴掛ミッジディレクション(HLZ682LFS-ti)

大島合宿でやっちったー
ティップがぽきりと逝ってしまいました
原因は多分ティップに絡まったままのキャスト
夜+雨でよくわからなかったですよ・・・


さて、ここからはインプレッション
まず特徴としては
1)感度がいい
2)軽い
3)バス用にしては異様に柔らかい

超ライトリグを扱う2ピースロッドとしては間違いなく最高性能
ワンピを入れるとまた話は変るんでしょうけど
私は2ピース派なんです

全国大会でも使ったんですけど
Mデレの性能がいかんなく発揮されました
ごく小シンカーをつけたダウンショットで
根回りを攻めたんですけど
柔らかいから軽いリグを飛ばせ、高感度で根をかわし
繊細なティップでうまく乗せるってな具合でした
5cmぐらいのミノーなんかも結構いい感じです

で、次はどんな用途に使えるかというお話
まずはバスは言わずもがな
トラウトはスプーンは弾きまくります
ミノーなんかはかなりいいかと思います
メバルはどうなんだろう?
ただメバル竿に比べると食い込みが足りないのは確実
ネンブツ釣っててかなり差が出ましたw

お次はデメリット
1)ガイドトラブル多し
2)パワーがない

ガイドトラブル多いです
理由は単純にガイドがいっぱいあることと
扱うものが軽くて糸フケが出やすいから
しょっちゅう第二ガイドに絡まります

あとはパワーなし
30cmにもなればいいように走られます
某インプレサイトなんかでは
割とパワーある的な書き込みもありますが
信じない方がいいです
トラウトやってる方は分かると思うんですが
ドラグをしっかり使ってやれば魚は獲れるものです


こんないい竿をこのままお蔵入りさせる気はありません
ティップはもちろん修理に出します
ただ今の悩みはそのまま修復するか
第二ガイドをトップにするか
そのままの形にすれば、柔らかさが変わらないため
キャスト・食い込みは変わらないはず
第二をトップにすれば恐らくトラブルは大幅に減る
あと若干6,8fは扱いに困ることもあるんだよなぁ
でも短くすれば硬くなり弊害は出てくる

悩むわー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。